スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドバイ VS  モロッコ

さて、昨日はママになったお客さんが久しぶりにランチに来てくれました。北海道から帰省しているお客さんも一緒に、私も今日はお休み頂いてPUSHランチ。

久しぶりの再会に会話が弾みます。そして、営業終了後赤ちゃんを抱っこしたいがために取り合い 笑

赤ちゃんって温かくて柔らかくて、大人の心をほっこりさせてくれる存在。

スタッフみんな癒やされましたよ♪


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●○




さてさて、今日のお題は、

ドバイ VS  モロッコ


今回の旅の目的の1つに仕入れがあったんですがその品がこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

DSCF1689.jpg


そう、シーシャ(水タバコ)です!!


モロッコのマラケシュという街に滞在していた時、シーシャを買うために本当に歩きまわりました。

値札のないモロッコ。
ええー?!ってびっくりするくらいの値段を言ってくるので、値段交渉は必須です。

何件も何件も回って、値段交渉。

DSCF1691.jpg

宿のおじさんにシーシャの妥当な値段を聞いてリサーチして、

お店回って、品定めして、値段交渉して、逆ギレされて、しょんぼりして・・・ 笑

写真たくさんとらせてもらって、U-Keyさん(PUSHUPオーナー)とメールでやりとりして・・・

DSCF1694.jpg

この旅中はモロッコでしか安くで買えないからと思って、大小あわせて5個のシーシャを購入したんです。

そして、それが旅の前半戦だったもので、スーツケースににれて5個のシーシャを持ち歩いたこの旅。


しかし、


あったんです



ドバイにも




シーシャが買えるお店が・・・・・・



しかも



デイスプレイがしっかりしている。ほこりとか一切かぶってないし、シーシャ専門店。


フレーバーもたくさんあって、パーツもたくさん取り扱っていて、品もいい。



私がドバイのパキスタ地区を歩きまわって4件は見たので、きっともっとありますね。


DSCF7094.jpg


しかも、なにがすごいって、もちろん値札はないんですが、法外な値段を言ってこない。

中には多少高めの値段設定のお店もあるのでそれは自分の脚で歩いて値段交渉も必要ですが、

購入したものと同じシーシャがあったので、値段聞いてみると

まさに、モロッコでねぎって、ねぎって、交渉して買ったシーシャと提示された値段が同じ 笑


「え?本当に?!安くないか!?」


ってなりますよね。


嫌な思いもしながら値段交渉したモロッコ・重くなったスーツケースと一緒に回ったヨーロッパの旅を思い出しながら、



シーシャが欲しい!!って言ってる人にはドバイもいいよ!!ってオススメしようと思ったのでした。



で、



買うつもりなかったけれど、素敵ななシーシャを見つけてしまい、飛行機の預け入れ荷物の重量にも余裕があったので、
6個目のシーシャ買っちゃいました!!!!!

DSCF7375.jpg

この旅で購入したシーシャの中で一番大きいのを!
これはオーナーに頼まれたわけでもないので、完全にPUSHUPへのお土産。


シーシャ購入に関して、勝者はやはりドバイですね!!



ちなみに、このシーシャ屋さんのおじさん。
私のことをずっと「Chiniese」って言ってからかってきたけれど、とってもいいおじさん。

DSCF7374.jpg

ドバイに行く予定でシーシャ購入を考えている人いたら、場所教えますよ〜!!





Ayumi

スポンサーサイト

ドバイ散策 その3 「At The Top 452m」

ドバイ散策 その3 ということで、引き続きドバイの記録です。

ドバイといったら有名なのはこちら・・・

寄りすぎてずんぐりに見えますが、このブルジュ・ハリファは、828m。世界一の高さを誇る超高層ビル。

東京スカイツリーが634mなので、その高さにびっくりですよね。

DSCF7336.jpg

ドバイに来てこのビルに登らなかったら何しにドバイに行ったの?!

ってなってまうので、私も登ってきました!!

当日券は予約券の4倍するので、もちろん事前に予約して。(予約の時期が遅かったのでベストタイムと言われる夕方の時間には入れなかったのですが・・・。)
予約サイトはこちらAt The Topの予約

このブルジュ・ハリファの展望台、「At The Top」は高さも高いけれど辿り着くまでの道程が長い。


ブルジュ・ハリファを望みながら駅から動く歩道橋を歩いて 

DSCF7188_20140424170700144.jpg


ドバイ・モールに入り、エントランスへ降りて、チケット発券、セキュリティチェックを受けてエレベーターホールまで歩いて、エレベーターで約1分。ようやく到着。

そう、ここは・・・

DSCF7200.jpg

そしてこの景色がどん!!

DSCF7222.jpg

DSCF7272.jpg

ブルジュ・ハリファ自体の影もみえます。

DSCF7237.jpg

この目で確かにみているのにビルががおもちゃのように感じられて不思議な感覚。

そして、ここは452mの高さなのに、スカイデッキ(屋外展望台)があるんです。
もちろん落下しないようにアクリル板で仕切られていて身を乗り出すことはできませんが、452mでもわっとしたとその空気も感じられるのがここの特徴でしょうか。

ここがスカイデッキ。沢山の観覧客で賑わっています。

DSCF7218.jpg

そして、このスカイデッキから見上げた「At The Top」より上方のブルジュ・ハリファ。

これよりまだ上に372mの高さがあるんですよ!!展望台よりも上にオフィスが入っているそうですよ。本当に驚き。

DSCF7233.jpg



私自身、ブルジュ・ハリファの展望台「At The Top」からの景色に大いに感動したかと言われると、そうでもないです。
大自然の高い場所から見る景色の方が好きだし 笑


でも、ここに来て感動したんです。

それは、この世界一の超高層ビルを建設するにあたって11000人以上の労働者が携わっていたという事実です。

展望エレベーターまでの通路にこのビルの建設過程のVTRが流れていたり、
建設を指揮した人々のVTRを見ることができる場所があります。

それを見ているとこのビルの建設のためにたくさんの人が最高の知識と技術を集結させ、汗水たらして働いて完成したのがこの世界一の高さを誇るブルジュ・ハリファなんです。

私がここに立つことが出来たのはその人達がいたからこそ。

もちろん、現在もこのビルを維持するためにたくさんの人が働いています。

展示スペース付近にはガラス拭き担当の人、トイレにはトイレ掃除担当の人がいて少しでも汚れようものなら即拭いてピカピカに。

たくさんの労働者に支えられての今。

そういうことを直に感じることが出来たので本当によかった。

ちなみに、エントランスで、25AEDにて日本語の解説オーディオを借りることがでいるので、英語が苦手だけれどこの建設過程に興味がある人は絶対借りた方がいい!!そう思います。
(ちなみに、私、英語苦手なのに借りなくて後悔したので・・・。)


「At The Top」には、六本木ヒルズの展望台のように椅子やソファはないので、そんなにのーんびり・ゆーっくり出来る感じではないのがちょっと残念ですが、「At The Top」を満喫する前後に

ドバイ・モールではショッピングを楽しむことができるし、水族館やスケートリンク

このウォーターフォールがあったりして、楽しめる場所です。

DSCF7324.jpg

そして、このブルジュ・ハリファの締めは、



これですよね〜。

噴水ショー!!!!!!!

アラブの音楽に合わせての噴水ショー。19時〜30分おきにショーを見ることが出来ます。



私は感動しました。

DSCF7364.jpg


動画も撮ったけれど、撮影そっちのけで見入っていたらブレブレだったので、みなさん、ドバイに行く機会があれば是非この噴水ショー見てください!!


DSCF7366.jpg


ドバイ編は第三回で完結の予定でしたが、もう一つ書きたいことがあるので、

「ドバイ散策 その4」です!!


Ayumi

 ドバイ散策 その2 

4月16日、ぱきっと晴れた青空を望んでいたのですが、かなわず・・・。
どんよーり、暑いドバイでした。

スーク(市場)巡りのために朝9時に出発。

スークも大体9時半から営業開始が多いようです。

バニヤススクエア周辺には川が流れていて、
荷物は船で運ばれてくる

DSCF7131.jpg

しかも、人の行き来も船。この写真だけみるとなんだかインドみたいですね(私は行ったことないけれど・・・)

DSCF7145.jpg


Traditional Spice Marketへ行ってみましたが、中はがらーんとしてました。

DSCF7156.jpg


街なかの毛布屋さん。これ、商品です。

DSCF7115.jpg


Traditionalでないほうのスパイススークはこんな感じでスパイスが売られています。
トルコやモロッコのほうがもっと活気があったような・・・。

DSCF7125_201404220257498e0.jpg

この辺りは食品の貿易商が盛んなのかこういうトレーディングカンパニーがたくさんありました。

DSCF7162.jpg


みなさんがイメージするドバイの裏側でした!!


次のブログは  「ドバイ散策 その3 〜登っちゃった!〜」です!!


Ayumi

ドバイ 散策その1

先週の土曜日は時差ボケからも少し回復し、久しぶりの出勤に緊張しながらも、仕事って楽しい!と充実感を得ることが出来ました。

今日は友だちの新店オープンのお祝いと開店一周年のお祝いとに出かけてきましたよ。
友達のがんばりにまた刺激をもらい、PUSHUPも益々精進して頑張らねばと奮起したのでした!!


さて、本題に移ります

〜ドバイ散策その1〜


ドバイというと、高層ビルが立ち並び、世界一高いビルが建ち並び・・・セレブが集う都市というイメージ。
みなさんはどうですか?!

空港は近代的でとってもきれいで、空港に接続している電車の改札もこの通り。床はピッカピカに磨き上げられています。

そう、こんな感じに。

DSCF7068.jpg

本当はユースホステルに宿泊し宿泊費を抑えたかったのですが、既に満室で、敢え無く別の宿を予約。この旅でこんなに素敵なホテルに泊まったのは2回目。1人ですが、ツインルームです。
ドバイには宿代750円などというマレーシアのドミトリー並みに安いお部屋なんて1つも存在しません・・・。

もちろん、このお部屋お値段もそこそこして、まず、ドバイはお金無くして来るところではないというのを実感 笑

DSCF7078.jpg

バニヤススクエア駅の出口から見た景色。

DSCF7076.jpg

まだこれだけじゃぁ、イメージしていたドバイとは違う・・・。
のですが、初日はチェックインしたら移動の疲れで日中ダウンしてました。
(日中は暑いし日差しも強いので無理に動かなくてよかったのだと後で知るのですが。)

さて、夜になり、ふらっと街に繰り出すと

バニヤススクエア駅の周辺は賑わっています。
「カンドゥーラ」と呼ばれる白い服を着た男性や肌を見せないようにするための「アバヤ」と呼ばれる黒い服を来ている女性もちらほら。アラブっぽいですねぇ。この街の香りもアラブ諸国に来たという感じ。


DSCF7088.jpg

ホテル代でドバイの物価の高さの洗礼をうけた私。食事もさぞ高いのだろうと警戒していたのですが、

バニヤススクエアの周辺は多種多様な商店が軒を連ねていて、その間に庶民の台所的なケバブ屋さんあります。

どこのケバブ屋さんも5AED(約140円)でこのケバブが食べられます。(写真にはお肉映っていませんが、たっぷりはいってました!)

DSCF7083.jpg

そして、このお肉が入っていないオニオン入りオムレツのローティサンドイッチは、ポテト付きで4AED(約110円)。サフランミルクティも2AED(約55円)

DSCF7086.jpg

なかなかのコストパフォマンスを見せてくれるのが、庶民的なお店です。意外と安くで食べれるんです。

(ちなみに、KFCのセットは12ディルハム(350円)から食べられるようです。)


私は美味しいものを優雅に食べるよりも旅していたら庶民的な食べ物を食べるのが楽しみの1つ。ドバイは砂漠の国なので新鮮なお野菜を期待するのは厳しいですが、ケバブもオムレツサンドもおいしくいただけました。

この日は満月でビルの上に見えたお月様がとっても綺麗。

DSCF7093.jpg

イスラム教のモスクもいくつか見ました。

DSCF7095.jpg

そして、極めつけは、Gold Soukと言われる金を扱う市場。21時というのに現地の人から観光客までいて大賑わい。

DSCF7098.jpg

18K,22K,24K。どのショップのショーウィンドウもまぶしすぎます。

DSCF7105.jpg

こんな感じで過ぎていった1日目。


次のAyumiのブログは「ドバイ 散策その2 スーク巡り!!」です!


Ayumi

帰国しました!

2ヶ月の旅を終えて4日後に再び1ヶ月の旅へ出発したAyumiです。

昨夜その1ヶ月の旅を終えて帰国しました!

DSCF7403.jpg

恐れていたスリや盗難にも会うことなく、無事故で無事帰国です。スキミングされていないかカード明細の確認だけはしなくてはいけませんが。


羽田空港から品川に向かう電車の中で、バックパッカー4人が電車の乗換地図を広げてああだこうだ言っているのを見てついつい声をかけてしまいました。

ワーホリでオーストラリアに滞在中の スコットランド人、ドイツ人、ポルトガル人、マレーシア人の4人。

渋谷に一泊して翌日北海道ニセコにスノーボードにいくのだとか。

話は盛り上がったけれどすぐにお別れの時間。

彼らも山手線乗り換えだったので一緒に行ってお見送りしました。

「Have a nice Trip!!」って。



海外を旅していると、時々嫌なこともあるけれど、沢山の人に助けられて振り返ると本当にいい旅だったなぁと思うんです。

だから私も日本に来た海外の人たちが困っていたら声掛けたいな、英語は未だに苦手だけれど、ちょっとは聞き取れるようになったしジェスチャーでなんとかなることもたくさんあるからって思っていた矢先の出来事。

彼ら、無事にニセコに着いたかなぁって思いながらブログ書いてます。


だだ、実はイタリアからドバイでストップオーバーして帰国したのですが、緊張の糸が溶けたからか帰国直前に体調を崩してしまいました。お店に立つのは明日から。今日はゆっくり休んで体調を回復させます!

今回訪れた都市は


パリ(フランス)
バルセロナ(スペイン)
マラケシュ(モロッコ)
エッサウィラ(モロッコ)
テネリフェ島(スペイン領)
ベローナ(イタリア)
ベネチア(イタリア)
ナポリ(イタリア)
カプリ島(イタリア)
ソレント(イタリア)
ポンペイ(イタリア)
アマルフィ(イタリア)
ポジターノ(イタリア)
ローマ(イタリア)
ドバイ(UAE)



ちなみにイタリア滞在はたったの8日間。計画をしっかり立てて下調べしたらガイドさんなしでもなんとかいけるものです。

ブログにはアップ出来ていないエピソードたくさんあるのですが、
ドバイのお土産ありますので、是非旅話聞きがてら遊びに来てくださいね♪


ちなみに、来週はたくさんの御予約いただいていますので、来る前には必ずお電話での問い合わせをお願いします!


次のブログではDubaiについて3回に分けて書いていきます!ブログの方もまたチェックしてください。



Ayumi


ローマを練り歩いたら・・・

4月14日 ローマ最終日。

最終日、17時50分のバスに乗る予定で10時にチェックアウトして街を練り歩きました!!

有名なコロッセオ工事中・・・

DSCF6758.jpg


DSCF6789.jpg

こうやって人が立っているところをみると、本当に大きな円形闘技場。

一応レンズを広角に替えて外観も。
DSCF6795.jpg


川を挟んで反対側の街を歩いているとこんな素敵な光景に出会えます。

DSCF6849.jpg

レストランに入って人生で始めてのアーティチョークをいただく。街でよく売られているのは見ていたけれど、こうやって料理するんですねぇ。

DSCF6856.jpg

そして、トマトとベーコンのスパゲッティ。 これが5€なのにボリューム満点で美味しい!!

DSCF6857.jpg

賑わう市場

DSCF6877.jpg

紀元前に造られた美しい、芸術的な広場;ナヴォーナ広場を抜けて

DSCF6898.jpg

再び川のほとりを歩いて、素敵な教会を川岸から撮影。

DSCF6933.jpg

白いお花に光が降り注いでとっても綺麗。この坂を歩き続けること20分。

DSCF6995.jpg

今日はこの光景をみるために、朝から歩き続けたのです。

モンテ・マリオという丘の上からみるローマは美しかった。

DSCF6979.jpg

帰りにティラミスの名店 POMPIでティラミスを買って(お持ち帰り2時間なら冷凍を勧められました)
お昼間のトレビの泉も大盛況なのを知り

DSCF7021.jpg

DSCF7028.jpg


そしたら、時間なくなってシャトルバス乗り場へ急ぐ。

つまり、イタリアに来たのに、カルボナーラを食べそこねた

ということです・・・。

チェックインの時にもう一つ残念なことがあって、悔しいので、ティラミスを食べて自分を慰めました。

DSCF7056.jpg

このティラミス、美味ししのですが、1人では量多いので要注意!!



Ayumi でした。

ローマの夜のすごい光景

イタリア最終日の夜

有名なトレビの泉に行ってきました。

夜9時。



あらゆる建物がライトアップされているのがローマです。

DSCF6668.jpg


夜だし人通りが少ないので何回も何回も後ろを振り返りながら荷物もしっかり抱え、カメラもしまい込んで辿り着いたのが

ここ、

トレビの泉。古代のウィルゴ水道の終点にあるこの泉は、1700年代半ばにコンテストで優勝したニコラ・サルヴィが設計したもの、らしいです。
ライトアップされていてとっても素敵。


DSCF6692.jpg



そして、何がすごいかといいますと・・・

この人だかり


DSCF6680.jpg


行く途中は本当に閑散としていたのに

近づくにつれてざわざわし始めて夜10時とは思えない光景でした。

DSCF6694_201404141617561cc.jpg

みんなそれぞれにキメ顔で写真撮ってました!!

夜のローマも素敵です。

ちなみに、コイン投げ入れている人はいませんでしたよ。





今日はイタリア最終日なので、カルボナーラ食べてきます!!


次はドバイからの報告になると思います♪では。


Ayumi


桜とレモンと青の洞窟@カプリ島

PUSHUP恒例のお花見BBQ、参加してくださったみなさん、ありがとうございました!!
Facebookを見る限り楽しさが伝わってきて、ちょっとうらやましい気持ちもありつつ。

私も同時期にカプリ島で桜♪

DSCF5637.jpg

ナポリから高速船で約1時間のところに青の洞窟で有名なカプリ島があります。

洞窟への入り口が狭くて、ハイタイドな時には入ることができない青の洞窟。
私、そこに行ってきました!!!

が、やはりハイタイドで入れませんでした・・・。




でも




DSCF5711.jpg

近くにこんなに綺麗なスポットあるんです。
中に入れなくても、そとからみてもこんなに青い。


DSCF5708.jpg

って、青の洞窟って入ったらどれほど青いのでしょう。

カプリ島での青の洞窟みれなくて残念でしたが、

ここカプリ島はレモンが名産。
レモン畑が広がっていて葉の緑とレモンの黄色と海の青がとっても綺麗。

DSCF5644.jpg

写真とっていたら畑で手入れをしていたおじさんが同じ畑に実ったもぎたてオレンジを投げてくれました!

DSCF5622.jpg

帰り道に頂きましたが、とってもジューシーで甘い。幸せなひと時でした。

カプリ島、ナポリから日帰りでいけてしまう島。オススメです!


Ayumi

花見BBQ!明日 開催決定!! 申込100人超えた〜〜笑

まいど

明日 4月12日 土曜日 花見BBQ 開催決定です!!!

みんな マイ取り皿 マイ箸 マイグラス 必ず持参で!!!!笑
ゴミを出さない エコBBQ!

参加申込も100人突破!!!!

みんなで楽しく乾杯しようさ!

はな 花 鼻 華 華コンテスト!!!!やるよ〜〜

PUSHUPで使える10000円お食事券!!

誰が はな になれるか?!笑

まだまだ友達誘って BBQ!
明日よろしくです!

イタリアでの再会

マレーシアのマラッカで出会ったエニーニョとの再会。

出会いは2ヶ月前にマラッカのチキンライスの行列に並んでお互い1人同士だったので、一緒にチキンライスを食べたこと。
たったの1時間の出会いだったけれど、次はイタリアで会おう!!

が、実現しました!!

彼はベネチアから電車で1時間半のベローナという町に住んでいます。

ロミオとジュリエットで有名な町。ということで・・・。
彼の案内のもと名所めぐり。

DSCF4495.jpg

世界最大の野外オペラ場

DSCF4518.jpg

エニーニョのおすすめのジェラート屋さんにも行って町を案内してもらいました。

そして、世界遺産の町並みを丘の上から見下ろす。

DSCF4600.jpg


最後は、お家に招いてくれて彼の家族と友達とホームパーティ♪

DSCF4621.jpg

この生ハムの上に乗っているデイップはママの手作り。美味しすぎてびっくり。

異国の地でこんなにも親切にしてもらって幸せです。

ありがとうエニーニョ!!

これからも出会いを大切に安全に旅続けます!!



Ayumi

ヤニックご来店!(2日連続、そして明日も!)

こんばんは、なつみですー!

今日はスイスから日本にやって来たヤニックが、昨日に引き続きPUSHに遊びに来てくれました^^!!
わーおわーお!

昨日はどうやらオーナーのゆーきさんと飲んでいたようなので、
今日はわたしとサシ飲みです。笑

わたしのつたなすぎる英語に、ヤニックは3時間くらい付き合ってくれた笑
いやー、なんとかなるもんですね!!

というか、わたしでもわかる英語でしゃべってくれているヤニックは
ほんとにやさしー!イケメン!!


そしてなんと彼からスイスのチョコレートのおみやげいただきました(^v^)


じゃーん!

image (1)



…あれ、、見えづらい。

image (2)


どーーーん!!

かわいーーーー!!!


ご来店のみなさまにチョコレートふるまっちゃいます!

限定54個!!!!



しかも明日も、ヤニックはなんと3日連続ご来店くださる予定!!
明日は日本のLast Nightだそうです(T_T)

日本滞在の5日間の中で、3日間もPUSHに来てくれるなんてーー!
さびしいけど、日本での楽しい思い出にひとときを贈りたいですね^^

英語しゃべれる人も、英語しゃべれないけど彼と話したい人も
明日PUSHに来ちゃえばよいのではないかと思います!!HAHAHA!!!

バルセロナの噴水ショーと夜景 そして、2つの注意事項

みなさん、こんばんわ。
いろいろあったけれどたくさん歩いていい経験もできたテネリフェ島からバルセロナに戻ってきました。


DSCF3940.jpg


そして、友達に教えてもらった噴水ショーをみに行ってきました!

DSCF4032.jpg


DSCF4033.jpg


DSCF4044.jpg



場所は、スペイン広場の延長線上にあるモンジュイック美術館の目の前。

Fuente Magica de Montjuic

今私は、ヨーロッパでは破格の8€のドミトリーに泊まっているのですが、この噴水ショーの場所が歩いて5分★

そして、このショー無料で観れるんです!!

夜一人で出歩くのは危険ですが、この近距離ならまだ安心♪

いろんな意味で素敵でしょ♪

DSCF4021.jpg


この人だかりも納得です。


で、昨日も噴水ショーを見るために出かけたら・・・

あれ?!

やってない・・・

そう、日曜日はやってない?!

注意事項1:噴水ショーを見たいなら空港や街中のインフォメーションセンターで事前にチェックしましょう!

その代わりに、カタルーニャ美術館のエントランス前からはこんな素敵な夜景を見ることができました!!

DSCF4072.jpg


いつもの癖で、ベンチでくつろぐ人に「オラ」って挨拶したら、そのおじさんついてきちゃった。ので、英語わからないふりして逃げました。

注意事項2:不用心にあいさつしてはいけません・・・。


バルセロナは今10時半。今日も晴天。これから頼まれているパエリアパンを仕入れに行ってきます!!


Ayumi

スペイン テイデ山での最高のランチと最大の悲劇

Ayumi です。

東京は桜が満開のようですね。
日本の春、大好きです。

さて、私は今テネリフェ島というところにいます。
バルセロナから飛行機で約3時間。
カナリア諸島の島。モロッコの隣にありますが、スペイン領です。

Screenshot_2014-04-02-19-40-58.jpg


青い矢印がついているところです。

ここに来たのは、スペイン最高峰の山テイデ山があるから!!
実はこの山、3,718m。富士山と同じくらい。
ケーブルカーで3,555mまでいけてしまうというなんとも観光客向けな山。

4月2日、下見でホテルからケーブルカー乗り場までの1時間半のトレッキングルートを散歩。

DSCF2920.jpg

帰り道、ホテルの後ろの山が夕陽で真っ赤に染まって綺麗。

DSCF3023.jpg

星空もため息がでるほどきれいで、朝9時から運転されるケーブルカーにのるため、まだ日も明けていない7時半から撮れキング開始。

DSCF3099.jpg

今度は朝日に染まるテイデ山がとっても綺麗。

DSCF3104.jpg

頑張ってちょこっと走ったりして8時半にケーブルカー乗り場に着いたんですが、

9時前。おじさんに「Today Stop. the top ice.」って言われる。

凍っているなら、ねぇ、溶けたら運転するでしょ?!
って思いますよね?!で、ALL day Stop?!
と聞き返すと「Yes」

雲ひとつない最高のお天気なのにショックだけど、自然がそうさせたのだから仕方ない・・・。

DSCF3138.jpg

本当はこのケーブルカーで登る予定だったんです。

DSCF3132.jpg

開き直って、別のルートを2時間半トレッキング。
そして、
ホテルの近くの小高い山に登って大自然の中でかつお節

DSCF3247.jpg

ではなく、「アボガドとトマトとチーズのディップ かつお節のせ」♪
DSCF3250.jpg

風が強くて添えたかつお節の半分は飛んでいってしまいました 笑

DSCF3255.jpg

テイデ山を望みながら、大自然の中で食べるランチは最高!!

気分よくこの日を終えるつもりが、悲劇はここから。






ホテル発の帰りのバス、ケーブルカー乗り場に立ち寄るのですが、

なんと、オープンしてる。しかも沢山の観光客・・・。

なんで、なんで、なんで・・・・・・。
おじちゃん、終日運転しないって言ったじゃん・・・。
ホテルに戻った時、運転してないか確認すればよかった・・・。
こんな最高のお天気で見下ろせたたら最高だったのに・・・。

いろんな感情が入り混じりますよね、こういう時。

「上まで行った?!」って後ろの席に座った人に聞きたかったけれど、聞いたらショックが更に大きくなると思ったので、ここは知らなかったことにするために敢えて聞きませんでした。

でもきっと運転してた 苦笑。

一番楽しみにしていた場所。雲ひとつない快晴。最高のシチュエーションの中で起きた
この旅最大の悲劇になったのでした。

これは、「またテイデ山に戻っておいで。次はケーブルカーではなく自分の脚で登りなさい」言われているのだとポジティブに考えることにして♪


テネリフェ島のみどころ写真はまた次のブログでアップしますね〜。
今日はテネリフェの美味しいもの探しに行ってきます!!



新年度が始まりましたね。みなさんの生活がまた充実したものになりますように・・・。

Ayumi

モロッコ ギャラリー

今日のブログはプチ写真展@Essaouira

4月に入りました!
1年間がんばってくれたTommoくんが卒業し、また新たなPUSHUPが始まります!!
相互期待!!ということで、私は遠くはなれていて詳しくはお伝えできないので、PUSHUPへ是非遊びに行ってくださいね!!


今日は写真をたくさんアップします!

モロッコのエッサウィラという街。

たった2日半の滞在だったけれど、この街の表情をたくさんみることができました。


この門をくぐると・・・

メディナ入り口

城壁を修理する職人さん達がいて、こうやって歴史は受け継がれていくんだと感心し

城壁の修理

中には取り壊される途中の建物もあり、

壊される建物

壁の向こうは大西洋。沢山の洗濯物が干してあって生活感満載。

洗濯物干し


お肉だってこんなに大胆に売っている。


お肉屋さん


大量のいちごは1㎏で15DH。=188円 1人では食べきれないので宿のみんなでシェア。

いちご量り売り


オリーブオイルはペットボトルで売られていて、量り売りでビニール袋に入れてもらったりも出来る。

オリーブとオイル


ボイルしたひよこ豆にお塩とスパイスをふっただけでこんなに美味しいのかと感動。


ひよこ豆


雑貨屋さんへの通路がとってもかわいらしくて

雑貨屋さんへの通路


雑貨たくさん買いたいけれど、荷物が重たくなるので、見ないふり。

雑貨売りの街頭


食器


港町であるゆえ漁港で働く男たちもたくさん。そのの姿がかっこよくて、しばらく見入ってしまうと、「こんにちわ!」
と声をかけられる。


働く男海


Skala Du Port の 壁のまあるい穴から見るメディナは、昔の守衛を担った気分

城壁丸穴


アートな部分にもたくさん触れて

アートな目


大西洋からくる波が岩で砕けて大きく白煙をまくところを見ながらの夕陽は最高。

夕陽


貿易港として栄えた15世紀。彼らの祖先はどんな生活をしていたのでしょうか。

思いを馳せながら巡るエッサウィラ。

でも、思いを馳せてる間もなくきっと、「こんにちわ」「ちょっとまって、日本人」と歩く度にこえをかけられる街

それがエッサウィラです。

カサブランカからバスで6時間。

素敵な街ですよ〜!おすすめ!!


Ayumi
【 PUSHUP 旅ノリブログ】
PUSHUPスタッフみんなの旅ノリブログ

PUSHUP

Author:PUSHUP
PUSHUPブログ
遊びに来てくれてありがとうございます!
2007年9月27日 秋葉原で START!
気がついたら 3店舗! 元気に営業中〜
Traveler'sDining PUSHUP
Traveler'sVillagePUSHUP
Traveler’sOasisPUSHUP

世界30カ国 (まだまだ更新中)を旅して、
旅で感じた  【熱い思い】
旅で出会った 【人の温かさ】
旅で食べた  【美味しい】
旅で思った  【みんな繋がってる】
旅で作った  【素敵な笑顔】
~素敵をもっと素敵に~を合言葉に
PUSHUP スタッフ一同
秋葉原で 笑顔で営業中です!
みんな気軽に遊びに来て下さいね!

PUSHUP 元気な笑顔素敵なスタッフ大募集!!
お気軽に声掛けてくださいね!

【PUSHUP】
  • 東京都台東区秋葉原1-5 1F
  • 03-5294-5525
  • pushup@pushup365.com

  • WEB HOME
  • MENU
  • MAP
  • 【Twitter】
    【カレンダー】
    03 | 2014/04 | 05
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    【最近の記事】
    【最近のコメント】
    データ取得中...
    【月別アーカイブ】
    12  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    【カテゴリー】
    【旅仲間リンク】
    【メールフォーム】

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    【ブログ内検索】
    【RSSフィード】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。