スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちわ、山本です!!

こんにちわ、山本です!!皆様、はじめまして!!

PUSHでスタッフとして働いておりますが、ようやく少し慣れてきました☆
ブログを書くのはこれが初めてとなります!!

初めてなので、何をどう書こうか戸惑っておりますが、
まずは簡単な自己紹介から。

ひょんな縁からPUSHで働かせていただくことになったのですが、
私、少し前まで世界一周をしてました。
2011年の11月から翌12年の11月までの一年間です。

帰国してからもう一年半ほど経つのですが、
PUSHの歴代のスタッフで世界一周を経験している人は今までいなかったということで、
今後、このブログではその時の経験や写真を交えながら、
Travelers’s Diningとして「旅」や「食」について情報発信していけたらいいなあと思っております。

写真はエチオピアのアワサという街の酒場で撮った写真です!!

皆様、よろしくお願いします☆






続きを読む

スポンサーサイト

ホイアンのローカルフードが美味しすぎる!!

おしゃれなカフェで食べる食事より、現地の人が食べている食事をしたい。

これが、私の旅中のモットーです。

香港、マカオとお腹を壊していたのですが、少し食欲が出てきたので、ローカルフード再会。

日が暮れるて少し涼しくなるとどこからともなく、お母さん達がやってきて夜店を広げます。


DSCF5664.jpg

お肉の串焼きの香りにつられて覗いてみると、何やら、それ自体で食べるものではないらしい。

私も早速注文。

ホイアンは観光地なので、お母さんたちも簡単な英語は話せます。

最初は、お母さんがお手本をみせてくれました。

DSCF5656.jpg

こうやって、こうやって・・・

なるほど、私も挑戦。

①左手前の極薄ライスペーパーを左奥の湿らせてあるライスペーパーに貼り付けます。

②それが極薄ライスペーパーに張り付いたら、湿ったライスペーパーをはがします。
(湿ったライスペーパーは剥がす場所がわかるように竹の皮が付箋代わりになっています)

③その上に、きゅうりの薄切りとミントやベビーリーフがミックスされたお野菜を載せます。

④さらに、割り箸の間に挟んで焼いた味付きの豚肉をのせます。
(この時、挟んだ豚肉が落ちないように割り箸の先に巻かれた笹の葉は取り除きます)

DSCF5660.jpg

⑤そして、それをくるくるっと、巻き込みます。(この時割り箸も一緒に巻き込みましょう)

DSCF5661.jpg

⑥具がこぼれてこないように、端をつまみながら割り箸を抜きます。

ホイアンの生春巻きの完成!!

DSCF5663.jpg

粉末のナッツとお味噌、砂糖が混ざったようなタレに、お好みで唐辛子ソースを混ぜて、それをつけて食べます。


もー、これが美味しくて美味しくて。

次の日も同じ所で食べちゃいました。


エビ、きゅうり、人参、大根が入って、チリソースで食べるのがベトナムの生春巻きだと思っていたけれど、本場にはこんな食べ方もあったんですね。



PUSHの生春巻きは、日替わりで、カポナータやクリームチーズが入っていて、美味しいけれど、

次は日替わりの候補にこのホイアン生春巻きを取り入れてもらいましょう!!


ホイアンに行くことがあったら、是非このローカルフードに挑戦してみてくださいね!!



次はヨハネスブルグ経由でモザンビークに入ります。

次のブログ更新は、モザンビークからです♪




Ayumi

また来たい街ホイアン

マカオから飛行機で約2時間。ベトナムのダナン空港に降り立ちます。

そこから来るまで約45分。

着いたのは、ホイアンという世界遺産の街です。古い町並みが世界遺産に登録されています。

まるでマレーシアのマラッカのような雰囲気だけれど、のんびーり時間が流れています。

古くなったコンクリートと時代を感じさせる木のぬくもり。夜になるとランタンのライトアップで、雰囲気が全く違います。

ベトナム料理に使われるレモングラスが売られています。

DSCF5643.jpg

川沿いのこの世界遺産、お魚も路面店に並びます。

DSCF5645.jpg

夜のライトアップされた街はこんなかんじです。
おしゃれなカフェも沢山。

可愛い雑貨もたくさん。

DSCF5691.jpg

ランタンが街の雰囲気を一段と輝かせています。

DSCF5707_201405271700035fc.jpg

屋台、というか路面店で鶏飯を食べました。

ベトナム風カオマンガイ?!

茹でて小さく裂かれた鶏肉がご飯の上に乗っています。ミントと玉ねぎのスライス、パパイヤの千切りが乗っていて、卓上に置いてあるナンプラーのようなソースと、お好みでカボスのようなライムのような果実、ピリ辛の唐辛子ソースを掛けて食べます。

ミントとご飯、意外な組み合わせですが、さっぱりして美味しいですよ。

一緒に出てくるスープは、野菜たっぷりのスープ。

これで、30000ベトナムドン=150円。

ビックリ価格ですね。

DSCF5715.jpg

夜も少し蒸し暑いので、ワンちゃんもちょっとバテ気味・・・笑

DSCF5763.jpg


今まで行った場所でもう一度行きたいところはどこ?!

ここ、ホイアンが1位になりそうです。



Ayumi

香港の夜景の楽しみ方

香港が夜景で有名なことは誰もが知る所ですね。

香港は、香港島と九龍半島、新界、周辺に浮かぶ島々から成るのですが、それすら調べずに香港入りした私。

とりあえず夜景をみようということで、

初日、高層ビル群の見える場所へやって来ました。

ビクトリアハーバーと呼ばれるところです。

豪華客船も入港していました。

DSCF5321.jpg

色とりどりのネオン。毎日夜8時から光のショーも開催されています。

DSCF5330.jpg


そして2日目。
この日も夜景をみるために、というよりも、日中ダウンして宿で過ごしていたので、香港最後の夜の景色を楽しむために香港島へ渡りました。

九龍のビクトリアハーバーからはフェリーで10分ほど。

香港島は九龍島と違い、ビジネスマンがたくさん。経済の成長を続ける香港の一面をここから読み取ることができます。

おしゃれなバーもたくさんあって、西洋人がたくさんいます。

DSCF5392.jpg

街なかでこんな歓迎の自転車♪
なかなか粋なはからいに微笑んでしまいました。

ふらふらと街を散策していると、韓国から来た男の子に道を聞かれました。

私もツーリストです 笑

これから、夜景を見るためにヴィクトリア・ピークへ行くとのこと。

一緒に行かないかと誘われ、一緒に道に迷い、香港で働く上海人に道案内してもらい、

山頂へ行くトラムへ乗り混みました。ものすごい急勾配を8分かけて走ります。

到着。

ビクトリア・ピークの駅はそこから最上階の展望ロビーに続いているよう。
しかし、そこでも45HK$支払わないといけないので、とりあえず、夜景の見える場所へ。

そこからの景色がこちら

DSCF5423.jpg

十分満足♪そしてこの笑顔

DSCF5428.jpg

往復のチケット(40HK$)を買っていたのですが、歩いて降りられそうだったので3人で歩いて変えることにしました。

香港のムワッとくる暑さの中、1時間の散歩コース。イタリアンのシェフと医大生。グルメ大好きで食べあるきしているという彼ら。「いい運動」と言いながら楽しく帰りましたよ。


元気がある方は、おいしいご飯をたくさん食べてカロリー消費がてら歩いて帰るのもオススメです。

香港の夜景は1箇所からではなく何箇所からも楽しむべきでね!


Ayumi

香港とマカオどちらのエッグタルトがお好き?!

ガイドブックには老舗の、マストなエッグタルトが書いてあると思いますが、

下調べをしていない私。

どこのエッグタルトが有名で、どこのエッグタルトが美味しいとかは知りません。

トルコで出会った香港人の女の子サリーンと一緒に香港で飲茶ランチをした時、

「香港とマカオのエッグタルトはちょっと違う。私はマカオのエッグタルトが好き。」

その後お見送りしてもらってマカオ行きのフェリーに乗った私。

実はお腹の調子が悪くて食欲がなかったのですが、これだけは食べなければと思って夕食、エッグタルト一つ購入。

それが、こちら

DSCF5555.jpg

DSCF5541.jpg

そして、香港で食べたエッグタルトはこちら

DSCF5356.jpg

DSCF5357.jpg

マカオのエッグタルトは焼き色がついています。よーく見るとマカオのエッグタルトは、外側がパイ生地なのがわかりますか?!

香港のエッグタルトは、至って普通のタルト生地。

香港でもきっとパイ生地を使ったエッグタルトはあるのでしょうが、私が食べ歩いた3件のお店は全てタルト生地でした。

このエッグタルト、ウォーマーの中に入っていて、温かい状態で食べるのが普通みたいです。

外がサクサク中はまるでプリン。

おいしー!!

私もサリーンと同じ意見でマカオのエッグタルトが好きです♪

マカオまでは香港からフェリーで1時間。日帰りでもいけちゃうマカオでエッグタルトの食べ比べしてみてはいかがでしょう?!

(もちろんイミグレーションを通過するので、パスポートをお忘れなく)

ちなみに、私は3日間で8個のエッグタルト食べました 笑


Ayumi

マカオの夜

Ayumiです。

香港の次はマカオに行ってきました。

香港からマカオへはフェリーで1時間。

予約した宿がマカオではなく中国にあることが判明し、宿探しからのスタート。

2時間探しまわった結果、一番安くて3300円の宿。金曜日だから値段も3割増しだったようで・・・。
でもびっくりるくらいワーストワンに輝く宿でした 笑

マカオといったらカジノ

ネオンが眩しくて、中国人、韓国人がたくさん。

DSCF5516.jpg

人生で始めてカジノに入ってみました。
スロット体験。ビビリなので200円。一瞬で300円さよなら〜。

DSCF5525.jpg

日時のの前に観光用の自転車。

こういうのをみるとアジアなんだなぁと思いますね。

DSCF5527.jpg



次は、「香港とマカオのエッグタルトの違い」について書きます!!



ちなみに、今ベトナムのホイアンにいます。

世界遺産のホイアン。お天気に恵まれて幸せ〜。暑いけれど時間も限られているので散策にいってきます!!


では


Ayumi

香港で海南鶏飯 3連続

香港にやってきたら・・・
食べると決めていたもの。

グルメの街香港。

2日で3食 食べたもの。

それは海南鶏飯

一時帰国していた1ヶ月間でタイ料理やさんにて4回食べたけれど、

ここ香港に来て2日で3食食べました。

①ゲストハウスのスタッフに教えてもらった有名店「Tsui Wah」

DSCF5237.jpg

なぜサロンに日本語が書いてあるのかは不明ですが、このお店、海南鶏飯ブースがあるけれど、メニューは豊富。

DSCF5239.jpg




②デパ地下にある「三巡」
いわゆるフードコートの一角にあるお店。ここは海南鶏飯専門店ですね。


DSCF5296.jpg

さすがに2連続で食べるとしばらくいいや・・・ってなったのですが、
なぜか義務感で食べた3食目。

③九龍公園の近くにある「泰樂厨」タイ式と書いてあったので、なぜか食べなきゃと思って入ったお店。 


DSCF5362.jpg

何がタイ式かというと、同じ皿で出てくるところですね。


結論、

海南鶏飯=カオマンガイを食べ歩いている私から言わせてもらうと、バランスの良い美味しい海南鶏飯を見つけるのは難しいということですね。

本気でカオマンガイノートをつけ始めました。
美味しいカオマンガイ求めて世界中でみつけたら絶対食べます!!

そしていつか、「Ayumi の美味しいカオマンガイパーティ」開催します!!


Ayumi

プロジェクターのスクリーン完成!!



PUSHUP 本店の2階のPUSHUP Oasis 。実はここOasisには、プロジェクターが設置されているんです。

しかし、私が知る限り、活用されたのはたったの4回。
もっと活用するために、プロジェクターの投影場所を換えよう!!

という話になり、

「スクリーンって作れる?!」と裁縫のお仕事が舞い込みました。

期限はできれば出発前。そう、私は再び世界旅行に出るべくチケットを既に購入済。

これから3ヶ月間帰ってこないことを考えると、今作るしかない!!

ミシンが使える時間は営業前の3時間。

あー、終わらない、早くしないと営業が始まる!!!!!!!

と焦りの中でこんなに時間を気にしながらミシンを踏んだのは人生初。焦りと緊張とで心臓が爆発しそうでした。

布がよれて難易度高いからなかなか進まない。 苦笑

お客様が帰られた後もミシンを引っ張りだして最後の仕上げ。羽田空港行きの最終電車に乗るために必死でした。


そして完成!!

布

何がいいたいかというと、私の努力が報われるように、スクリーンを是非活用してください♪ということですね!

と、その後羽田羽田空港へ向かい、無事間に合いました!!

そう、世界一周に出発しました!

次は香港ブログ書きます!!


Ayumi

旅仲間が動いてます!!〜カンボジア幼稚園建設1000縁プロジェクト〜

最近、PUSHに新しい仲間がやって来ました。

というより、去年の9月に南アフリカのケープタウンの朝市で一目惚れして購入したのに、ずーっと事務所に眠っていた絵なんです 苦笑

ようやく日曜大工で額を作って、お披露目することができました!!

ベネズエラの少年の笑顔の横に、マサイ族をモデルにした絵。店内の雰囲気がちょっとだけ明るくなりました。

masai.jpg

そして、それと共に今設置しているのが、

カンボジア幼稚園建設1000縁プロジェクトの募金箱


ikiiki.jpg

旅仲間が、必死に動いています。カンボジアの子どもたちの未来のために。

延べ180人もの旅仲間が集まって現地の大工さんとともに作り上げたカンボジアの小学校。そこで沢山の子どもたちが学んでいます。

IKI IKI SCHOOLのHPはこちら→IKI IKI SCHOOL


私も第二回の卒業式に参加させてもらいましたが、字をかけるようになり、夢を語ることが出来るようになった子どもたちの笑顔はとても輝いていました。

それに引き続き、次は幼稚園の建設。→カンボジアに幼稚園が必要な理由

メニューブックにもパンフレットを挟ませてもらいました。

ikiikiメニューブック

PUSHUPでは、IKIIKISCHOOLの活動のためにこの募金以外に
日替わり海外ビールを1本飲んだら100縁募金♪キャンペーンをしていこうと思っています。
詳細が決まったらまたブログでアップします!

少しでも多くの人にこの活動を知ってもらえますように。そして、賛同していただいた方、PUSHUPにも募金箱があります。ご協力お願いします。


Ayumi

はじめまして!!それともお久しぶり??

こんちゃ

はじめまして!
4月からのにゅースタッフの『まる』です!!!
PUSHUP歴は、5年程なのでもしかしたら知ってる方多いかも!笑
あれ?知ってるかな!って方はもちろん。知らない方も、にゅースタッフの『まる』に逢いに来て下さいね☆


5月11日は、母の日ですね。
是非とも、自分のお母様を連れてPUSHUPへ遊び来て下さいまし~。
世界一周旅行に行った気分と料理でいつもの感謝の気持ちを伝えて下さいや!
今日と明日、お母様にデザートのサービス致しますょ♪♪♪
週末なので、電話予約がおすすめです。


『まる』でした。
【 PUSHUP 旅ノリブログ】
PUSHUPスタッフみんなの旅ノリブログ

PUSHUP

Author:PUSHUP
PUSHUPブログ
遊びに来てくれてありがとうございます!
2007年9月27日 秋葉原で START!
気がついたら 3店舗! 元気に営業中〜
Traveler'sDining PUSHUP
Traveler'sVillagePUSHUP
Traveler’sOasisPUSHUP

世界30カ国 (まだまだ更新中)を旅して、
旅で感じた  【熱い思い】
旅で出会った 【人の温かさ】
旅で食べた  【美味しい】
旅で思った  【みんな繋がってる】
旅で作った  【素敵な笑顔】
~素敵をもっと素敵に~を合言葉に
PUSHUP スタッフ一同
秋葉原で 笑顔で営業中です!
みんな気軽に遊びに来て下さいね!

PUSHUP 元気な笑顔素敵なスタッフ大募集!!
お気軽に声掛けてくださいね!

【PUSHUP】
  • 東京都台東区秋葉原1-5 1F
  • 03-5294-5525
  • pushup@pushup365.com

  • WEB HOME
  • MENU
  • MAP
  • 【Twitter】
    【カレンダー】
    04 | 2014/05 | 06
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    【最近の記事】
    【最近のコメント】
    データ取得中...
    【月別アーカイブ】
    12  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
    【カテゴリー】
    【旅仲間リンク】
    【メールフォーム】

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    【ブログ内検索】
    【RSSフィード】
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。